医療保険で女性特有の病気からあなたを守る

男性と女性

加入するものに困ったら

ハート

既婚か未婚かでも違う

保険は言われるがままに加入してしまってそのままという人が少なくありませんが、女性は医療保険を充実させておいた方が良いと言われています。これは既婚の場合には夫の収入があれば妻に何らかの事態が起こった場合にでも生活をして行ける基盤が整っているため、死亡時よりも病気の治療のために厚い補償を行ってくれる医療保険の方が有利だと言われていますし、未婚の女性の場合にも死亡時に誰かの生活のことを考えておかなければいけないというわけではありません。そのため「生きるための保険」である医療保険を重視した方が良いと言われています。特に40代後半からリスクが高くなってくる女性特有の病気に対する補償が厚い医療保険に加入しておくと安心です。

出産が補償されるケースも

医療保険に加入していても、妊娠や出産は関係ないと思いがちです。しかし、近頃は出産する女性の5人に1人は帝王切開で赤ちゃんを出産しているというデータがあります。この帝王切開も実は医療保険では「女性特有の病気」に含まれているのです。帝王切開をすると通常の分娩よりも出産にかかる費用が高額になってしまうケースはそう多くありませんが、女性特有の病気に対する補償が手厚い医療保険に加入していると、補償がしっかりとされて場合によっては出産費用をすべて医療保険で賄うことが出来るというケースもあるのです。妊娠や出産をする可能性が高い女性が女性特有の病気に対する補償が厚い医療保険に加入するべきメリットの一つであると言えます。

必要な時だけ保険に入る

相談

自動車保険は月単位または年単位で掛けるものですが、1日単位でも掛けられるものもあります。特に近年の1日単位の保険は契約をしやすくしたものもありコンビニが代理店となっている1DAY保険では端末を利用することで、その場で契約を結ぶことができます。

More...

家計の診断

電卓

家計の状況を改善したい場合、有効な手段としてあるのが家計相談である。家計相談では、保険会社や金融機関などで無料相談を実施していることが多い。また、セミナー開催などもされており、これらを予め受けると効果的である。

More...

車の保険を契約

模型

自動車保険は3つの基本補償と様々な特約で成り立っており、事故を起こして等級が下がると保険料が上がる仕組みになっています。また、数日から1ヶ月といった短期契約をしたい場合は、分割払いにしてひと月でやめるか、1日単位の保険を連続して契約するという方法があるのです。

More...